当社の健康経営の推進目的と体制について

【目的】
 近年の社会問題として、メンタルヘルス(精神的な健康)不調者、生活習慣病患者の増加、少子高齢化による労働人口の減少等が深刻な状況となっている。これらの要因により、企業における労働力の維持・確保は、ますます重要な課題となってきている。
・健康経営の取組により期待できる効果
 労働力の維持・確保 : 職員の疾病等による労働力の低下防止
 生産性の向上 : モチベーション(意欲、やる気)の向上、業務効率の向上等
 イメージアップ : 企業イメージの向上、社員満足度の向上等
 リスクマネジメント(危機管理) : 労災発生の未然防止、事故や不祥事の予防
【体制】
 活動の計画・実施状況は、部署長会議(社長をはじめとした経営層および全部署長) 等にて報告する。
ページ上部へ移動する