技術部 空間情報課

陸・海・空、全ての領域の測量

まちで見かける測量機器を使った地上測量、船を使った水面下の測量、UAV搭載型レーザスキャナを使った3Dレーザ計測など、陸・海・空、全ての領域を測ります。位置関係を正確に測ることが、現状を知り未来を作る第一歩です。

SDGsアイコン 13 気候変動に具体的な対策を

3Dレーザ計測

UAV搭載型レーザスキャナや地上型レーザスキャナを⽤いて複雑な地形や橋梁、建築物等の既設構造物、重要⽂化財、森林地帯、急傾斜地、各種災害現場、農地や⼈が⽴ち⼊れない危険個所などを⾼精度かつ効率的に計測し、3Dデータはもちろん、さまざまな地理空間情報を提供します。

基準点測量

全ての測量の基準となる三⾓点や⽔準点の測地学的位置を求める測量を⾏います。また、公共測量の根幹となる公共基準点や⾼精度な公共⽔準点の位置情報を提供します。

地上測量(陸)

街なかで見かける測量

路線測量、用地測量、圃場測量、治山測量など、最新の測量機器と技術によりあらゆる地上測量に対応し、各種図面を提供します。

海上・河川測量(海・河)

海や河川での測量

深浅測量、河川測量、海洋探査など、⾳響測深機とGNSS測量機を⽤いて河川や海、湖沼など⽔上から位置や深さを調査し、⽔⾯下の地形情報を提供します。その他にも、漁業関係者と海へ行ったり、ダム湖の調査をしたり、いろいろなことをしています。

航空測量(空)

上空からレーザ計測

航空機やUAV(ドローン)に搭載した⾼解像度デジタルカメラや⾼規格レーザスキャナを⽤いて上空からデジタル撮影およびレーザ計測し、各種図⾯や地理空間情報を提供します。

技術とサービス