DX(デジタルトランスフォーメーション)

DXで世の中の変化に柔軟に対応できる持続可能な企業へ

最新のデジタル技術とされてきたAIやIoTも徐々に一般化が進み、今ではビジネスや生活の中に浸透しつつあります。今後は更に技術革新が進み、それに伴い私たちが取り扱う情報量も加速度的に増え続けていきます。また、社会情勢・市場の変化や新型コロナウィルス感染症の世界的流行など、突発的な要素により未来は常に不確定です。不確定で予想不可能な社会の中でも、ズコーシャがリーディングカンパニーとして価値を提供し続けられるよう、変化に適応して自らを変革できる組織に成長し、地域社会の持続的発展に貢献します。

DXとは

DXとは「Digital transformation(デジタルトランスフォーメーション)」の略称で、スウェーデンのウメオ大学教授であるエリック・ストルターマン氏が2004年に提唱した「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念です。
2018年に経済産業省が発表した「DX推進ガイドライン」によると 、DXは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義しています。

取り組み内容

DXの定義はぼんやりしており、具体的に何に取り組むかは各企業の方針に委ねられています。当社はSDGsの目標期限である2030年までに「社員の誰ひとり取り残さずに、不確定な社会とともに歩み続ける持続可能なズコーシャ」を実現するため、DXを推進するDXWG(DXワーキンググループ)を立ち上げ、以下の取り組みを行っています。

  • DXのゴール設定
  • 人材の成長エンジン「DX Bootcamp」
  • DXマニフェスト

DXのゴール設定

「持続可能なズコーシャ」を実現するためのゴールを設定しました。

適応スキル(個としての進化)/共創力(組織としての進化)
社会(市場・環境)の
変化に適応・進化する
データ・デジタル技術を
活用できるスキルと
マインドを持った
人材/組織
適応スキル
DXを通じた個人成長

市場・環境の変化に適応し進化できるスキルと社会課題に取り組もうとする強い当事者意識を持った社員を育てる
共創力
DXを通じた組織成長

変化に強く柔軟でエネルギッシュな共創力を会社の文化とし、部門間の『化学反応』によって、新しい価値を創造しつづける組織を作る

人材の成長エンジン
「DX Bootcamp」

ズコーシャではDXを単なるデジタル化だけでなく、個人と組織の成長による全社的な変革と捉えています。DXゴールを達成するために必要な教育を社員に提供するのが「DX Bootcamp」です。

業務向けのスキル講座/Lightning Talk/集合研修・各種イベント/ルール・ガバナンス

DX Bootcamp

新技術や考え方(デザイン思考など)を中心に、これからの時代を生き抜くスキルを身につけるための教育プログラムです。

DXマニフェスト

DXWG(DXワーキンググループ)自体が不確定な社会情勢に応じて、変化しながら活動を行っていきます。
軸となる活動の原理原則がぶれることのないように、マニフェストを定めています。

DXWG
マニフェスト

社会情勢に応じて
変化しながら活動するが、
軸となる原理原則は不変です。

新しい価値観の提案

プロセスやツールよりもメンバーでの議論を、包括的なルールよりも協同的な文化を、部門間では交渉や根回しより全社的価値と共創を、計画に従うことよりも変化への対応を、失敗を恐れることより何もしないことを恐れることを価値とする。