ニュース

当社開発の可変施肥システムを利用した「圃場情報に基づく可変施肥効果に関する実演検討会」

2013.12.3 お知らせ

当社開発の可変施肥システムを利用した「圃場情報に基づく可変施肥効果に関する実演検討会」(主催:とかち低コスト施肥技術体系確立事業推進協議会)が帯広市農業技術センターで開催されました。

「圃場情報に基づく可変施肥効果に関する実演検討会」実施報告

北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区(フード特区)の事業の一環として進める「とかち低コスト施肥技術体系確立事業推進協議会」(会長・佐藤貞稔帯広畜産大学教授)。土壌に応じた自動可変施肥機を導入して施肥することで、作物の生育を均一化、肥料コストの削減を目指す。
協議会は帯広畜産大学、ズコーシャ、十勝農協連、サークル機工、帯広市で鋼製され、道総研十勝農業試験場、十勝農業改良普及所がオブザーバー。農水省の事業を活用し、昨年から2年間実施。
可変施肥は、リモートセンシング技術などの先端技術を農業分野に導入。無人ヘリコプターを飛ばし畑のデータを取得、可変施肥マップを作成する。事業のモデル農家は、帯広市川西地区の2戸でビート、帯広市大正地区の2戸でジャガイモを、上士幌町内の2戸で飼料用トウモロコシを対象とした。
十勝を代表する火山灰土と沖積土の2種類の土壌で実施する。的確な作業管理や収穫ができるようになるため、農作物の生産性向上、品質の安定化、生産コストの削減、環境保全を進めることができる。
可変施肥による減肥基準を策定し慣行施肥量と比べて10%以上の削減を目標としている。試験の成果は現地検討会などで説明し、管内農家への普及を図る。
佐藤会長は「十勝にも精密農業が入ってきている。農業ICT(情報通信技術)でリードする地域として期待がよせられている」と話した。

「とかち低コスト施肥技術確立事業推進協議会」主催の実演講演会は以下の通り行われた。
【目 的】:とかち低コスト施肥技術体系確立事業(農林水産省)の結果報告と技術普及
【日 時】:11月29日(金) 13:00~15:30
【場 所】:実演会-帯広市農業技術センター、成果報告・事例広告-十勝農業共済組合2F
【内 容】:表の通り実施

  時間 項目 担当
実演回 13:00~13:50 空撮用みじんヘリコプタ&4畝自動可変施肥機の実演会 (株)ズコーシャ
榎本 吉典
米山 晶
会長挨拶 14:10~14:15 とかち低コスト施肥技術体系確立事業推進協議会会長 帯広畜産大学教授
佐藤 貞稔
成果報告 14:15~14:45 空撮用無人ヘリコプタを活用した土壌肥沃土ベースの施肥の有効性について (株)ズコーシャ
丹羽 勝久
事例紹介 14:45~15:15 Nセンサシステムを利用した小麦の可変追肥について 十勝農業試験場
原 圭祐
質疑応答 15:15~15:30    

【参加者】:140名(参加者名簿参照)

自動可変施肥機の説明とデモ(担当:ズコーシャ米山)

空撮用無人ヘリコプタによるリモートセンシングの説明とデモ(担当:ズコーシャ榎本)

PDFファイル

アーカイブ